フルハーネス型安全帯使用作業特別教育のご案内

フルハーネス型安全帯使用作業特別教育のご案内

2018年6月労働安全衛生規則の一部を改正する省令及び安全衛生特別教育規定等の一部を改正する告示により、
「高さが2メートル以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところにおいて、墜落制止用器具のうち
フルハーネス型のものを用いて行う作業(ロープ高所作業に係る業務を除く)」が特別教育受講の対象となりました。
この法律の施行は2019年2月からです。
2月指定日において受講者10名以上お集まりいただければ、
講師がご指定の場所に伺い特別教育を実施いたします。
貴社の労務・教育の管理、受講者の出張等の軽減にお役立ていただければと思います。

ご案内文書はこちらから。